日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

64年のCD棚には…

1964年発表のアルバム

 1.“Beatles For Sale” The Beatles

ビートルズ・フォー・セールビートルズ・フォー・セール
(2009/09/09)
ザ・ビートルズ

商品詳細を見る


 2.“The Times They Are A-Changin'” Bob Dylan

時代は変る時代は変る
(2006/12/20)
ボブ・ディラン

商品詳細を見る


63年発表のアルバムより、さらに1枚少ない…。
特徴的なのは、63年と同様、ビートルズとボブ・ディランの結構有名なアルバムが1枚ずつあり、
当時の音楽状況に詳しい本を読みながら、その雰囲気をちらりと嗅ぐくらいのもんであります。

 3.“Jack Elliott” Jack Elliott

ランブリン・ジャック・エリオットとボブ・ディランとの関係については全く語る資格なし(と言うか、知らない)。
何で買ったかと言われれば、ボブ・ディランが憧れた人物として何となく名前を聞いたことがあるから…くらい。
アルバムを聞いてみてもピンと来なかったのでしょう、ジャケットを見てもピンと来ませんでした(汗)
関連記事
スポンサーサイト

-4 Comments

うっしー says...">purotokoさん"
ぼくにとってビートルズとの最初の出会いは、シングル曲“Let It Be”でした。
歌詞の内容は分からないけれど曲の雰囲気が格好良さに痺れた(死語)小3の小僧は
「れるぴ~、れるぴ~」と毎日ひたすら叫び続けるのでありました(笑)

その後初めて買ったアルバムが赤盤だったのは、未だに謎ではありますが(爆)
2012.03.26 22:02 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]
Weekend Outdoors says..."No Subject"
こんにちは。(お久しぶりです)
生年がこの近傍なので、出てきました....(笑)

高校生になった頃、Bob Dylanに凝って、この辺りのLPを買い求めたように記憶しています。
この週末にでも引っ張り出して、聞いてみようかな。
2012.03.27 00:19 | URL | #uaIRrcRw [edit]
うっしー says...">Weekend Outdoorsさん"
おはようございます。
ぼくもこれより数年前に生まれました。
ぼくはビートルズもディランも中高生の頃は数曲くらいしか知らず、
改めて聴きだしたのが働き始めてからという遅れたファンです(^^;

これまでABC順に並べていたのを発表年別に並べ替えたのは、
同時代にどんなアルバムが発表されていたのかを目の当たりにすることで、
実はそれぞれのミュージシャン同士が影響し合っていたのでは…?と
想像することが楽しそうだと直感したからなのでした。

このシリーズはぼちぼちとやっていこうと思いますので、
お気が向いた時にのぞきに来てやって下さいませ。
2012.03.27 06:15 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/889-1e2bfe44
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。