日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洛北の秋(3)Green Velvet

いやいやいや、G12とM4-2の写真を見た時、訪れた時のノリの悪さだけが写っていたので、
詩仙堂そのものの印象まで悪いままで記憶の抽斗に仕舞い込むところでした。

1.
2011_11_26_Rolleiflex_Shisendo_6.jpg

でも、ローライフレックスで撮った柔らかそうな苔のカーペットに乗る紅葉の美しさや、

2.
2011_11_26_Rolleiflex_Shisendo_10.jpg

たぶん出入り口付近で目にした南天を撮ったこの写真↑を見ると、自分的にはイメージが変わりました(笑)

3.
2011_11_26_Rolleiflex_Shisendo_2.jpg

そして、今回一番のお気に入りショットはこれ。
ネットで調べてみると、結構、あちこちのブログでも有名なおばあちゃんだそうで、
この日も左にいる観光客に、あれこれと詩仙堂の説明をしている風でした。

※2011年11月26日 京都市左京区 詩仙堂にて。 ポートラ160VC使用。
関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

snap.com says..."No Subject"
ローライフレックスの描写、やはりいいですねー。
苔の質感というかふんわりした雰囲気がよくわかります。
南天の浮かび上がるような写りもいいですねー。
最後のおばあさん、出で立ちも存在感もこの場所にしっくりなじんでますね。
2011.12.19 22:58 | URL | #- [edit]
うっしー says...">snap.comさん"
実は京都へ持ち出す二眼レフをローライフレックスにするか、
オートコードにするかで、家を出る直前に、一瞬ですが迷いました(笑)
でもカラーで立体感とふんわりを両立した写真を撮りたい時はローライ、
モノクロで絞り込んで撮りたい時はオートコードと決めていたようで、
玄関にある靴に足を入れる頃にはバッグの中にローライを入れていました。

このおばあちゃんはカメラを向けると、こちらに一瞥をくれたものの、
その後もフランクな感じで、観光客のご夫婦に話してらっしゃいました。
今度行く機会があったら(いつだ?覚えてられるのか?>うっしー(爆))
是非お話をうかがいたいなぁ、と思うくらい良い感じのご婦人でしたよ。
2011.12.20 06:40 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/821-3bce2f49
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。