日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めぐる季節

最近、夕焼け番長なぼく(笑)は、いろいろなコンデジを取っ替え引っ替えしながら、夕暮れ時を撮っている。
と言うのも、この時期、好きな色の植物があんまりないからなのだが、それを差し引いても秋の夕暮れは好きだ。
一昨日はGF1を持ち出して、ご近所でパチパチした後、画像をパソコンに取り込んでみて、おどれ~た。
日付が5月31日のものと、8月31日のものが結構な数あるではないか(汗)

8月31日付のものは、さすがに何をしている時に撮ったのかは明快に覚えているが、5月のものとなると…

110531HakushimaGF1_1.jpg

葉っぱを撮った覚えはあるのだが、何で撮ったのか不明だし…

110531HakushimaGF1_2.jpg

110531HakushimaGF1_3.jpg

こっちの花々↑は撮った場所が橋を渡る前であることや、こっち↓の花は渡った向こう側に咲いていたことは分かる。

110531HakushimaGF1_4.jpg

それからこの頃、この黄色い花があちこちに咲いていたことも。

110531HakushimaGF1_6.jpg

110531HakushimaGF1_8.jpg

もちろん、ツツジの植え込みをきれいに咲かせていたお宅がどこにあるのかだって覚えている。

110531HakushimaGF1_7.jpg

白島辺りに咲いている(はずの)立葵を撮りに行ったら駄目だった…くらいは覚えているし、
えらく残念だったことは覚えているけれど、この時感じていた、もっと肝心な何かが思い出せない。

夕暮れ前の青空だけが知っている、か?(汗)

※2011年5月31日 広島市東区と中区の境目あたりで。 LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH. 使用。

さて「めぐる季節」というと、ぼくはオフコースの曲がまず頭に浮かぶのですが、皆さんはいかがでしょうか?
試しにググってみると「魔女の宅急便」の挿入曲にも同名異曲があるようですが、
この映画をテレビで何度か観たはずなのに覚えていません(汗)

オフコースはこの曲の発表当時、オリジナルメンバーの2人にギター、ベース、ドラムスを加えて、
バンドアンサンブルや、より重厚なコーラスを聴かせるグループへと変貌する途上でした。
この曲から3年後の1979年「さよなら」が大ヒットして、一気にビッググループの階段を駆け上がるのですが、
へそ曲がりなぼくは、彼らがブレイクした後でもなお「SELECTION 1973-78」(LPですが)を愛聴していました(笑)

SELECTION1973-78(紙ジャケット仕様)SELECTION1973-78(紙ジャケット仕様)
(2005/03/24)
オフコース

商品詳細を見る


ぼくは秋になると、彼らのコーラスやサウンドに気持ちがシフトしていくのを感じます。
特に『ワインの匂い』くらいから『FAIRWAY』あたりまでの、その後の爆発につながる気配が感じられるアルバムを
今、改めて聴いてみたいと思います。

SONG IS LOVE(紙ジャケット仕様)SONG IS LOVE(紙ジャケット仕様)
(2005/03/24)
オフコース

商品詳細を見る


「めぐる季節」や「こころは気紛れ」といった、そこはかとない秋の気配(ぼくだけが感じているのかも知れませんが)を
味わうのならこれ↑。ブレイク前に発表された名曲「秋の気配」を楽しむのなら、こっち↓です。

JUNKTION(紙ジャケット仕様)JUNKTION(紙ジャケット仕様)
(2005/03/24)
オフコース

商品詳細を見る


秋の夜長に、ぜひ。
関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

めい says..."No Subject"
うっしーさん、こんばんは。。

お写真を拝見してて、私は5月って何を撮ってただろうって考え込んでしまいました。
うーん、思いだせんなぁ(笑
黄色のお花、5月から6月ぐらいによく見かけましたね。未央柳(びょうやなぎ)だと思います。
今年覚えたお花です。

小田さんのあの透明感ある声が好きです。
2011.09.14 18:34 | URL | #Jh0YPuzg [edit]
うっしー says..."No Subject"
めいさん、黄色の花の名前を教えて下さり、ありがとうございました。
この花の学名は「悪魔よけの像の上にこの花が置かれていたことに由来する」らしく、
花言葉は「幸い」なのだそうです。

これらの写真を撮った半月前、父が緊急入院したため、
当然のことながら、カメラどころではない毎日が続きました。
これらの写真は、父の退院が決まった頃に撮ったものです。
この時には気づきませんでしたが、
「悪魔よけ」の花が咲く頃、我が家から災いが去っていったのでした。

この頃日々実感していたことがあります。
「当たり前」なことは、文字通りの意味で「有り難い」ものだということ、
また「当たり前」な毎日は、自分一人では決して手に入らないということです。
年老いた両親が元気でいてくれることや、
カミさんや姉夫婦、同僚といった周囲の人たちの有形無形の支えや繋がりがあって、
ようやく、ぼくは当たり前でいられるのでした。

最近再び薄れつつあったこれらの思いを、
これらの写真とめいさんが教えて下さった花の名前が思い出させてくれました。
改めて感謝します。
2011.09.14 21:05 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/740-23f41308
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。