日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんちゃんのこと

朝食を終えて、そろそろ歯でも磨こうかな?と思った時、
ベランダのサッシに「どん!」と硬式テニスのボールが当たったような音がした。
「おいおい、今時分、誰だよ…」と思いながら、カミさんとベランダを見ると、
小鳥がバタバタもがいていた。

しばらく羽音をさせていたが、飛び立つ風もなかった。
以前、職場に迷い込んだスズメはガラス窓に激突した後、程なくして死んだので、
ベランダの床で片足を上げてはふらついているそいつが少し心配になった。

その時はスズメだと思い込んでいたし、
スズメは人間が直接手を触れると仲間の所に帰れない、と聞いていたので、
仕方なく、新聞を片手に持って動かそうとベランダへ出た瞬間、
ばさばさばさ…と音を立てて、ベランダの手すりの所まで飛び上がった。

ガラスに「どん!」とぶつかった、鈍くさい小鳥なので、
カミさんは早速「どんちゃん」と名前をつけていた。

職場へ向かうには少々時間があったし、
できれば自分がいる間に、外へ飛び立たせてやりたいとも思っていたから、
改めて新聞紙を持って前へ押し出そうとしたが、
どういう訳か、どんちゃんは動こうとしなかった。
もしかしたら、脳しんとうを起こしてしまったのかも知れないな、などと思う内に、
時間が大分経ってしまったので、歯を磨いて家を出ることにした。

内心、三つのことが頭の中を駆け巡りながら、家を出た。
一つは、もしあのまま死んでしまったら、カミさんが泣き出してしまうに違いないな、ということ。
二つは、うまく飛び立っていっただろうかと言うこと。
三つめは、あのまま死んだら、ぐすぐす言うカミさんとどこかに埋めてやらなきゃな、
とは言え、どこに埋めたものだろうか?ということだった。

20分ほどして職場へ着き、仕事の準備をしていると、カミさんからメールが届いた。
見れば、彼女が目を離したすきに、どんちゃんは姿を消していたとの由。
後でもう少し詳しい話を聞くと、かみさんが飲ませてやろうと出した水には目もくれず、
おしっこをベランダに残して、いつの間にやら飛び立っていったらしい。

あの時撮っておけば良かったかな?と思わないでもなかったが、
朝の慌ただしい時間帯でもあったし、それが遺影にでもなったら…と思ってしまったので、
撮るのは止めることにした。

どんちゃん、今頃どこで休んでるんだろうか?

関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

もりまん says...""
(´・ω・`) どんちゃん、無事なようで良かったデスね。

もしも鳥語があったとしたら・・・
きっと、彼(彼女)は仲間に会って事情を説明した後・・・
仲間内で「どんちゃん」と呼ばれる事になっているでしょう。

σ(゚o゚)

2010.09.15 21:00 | URL | #- [edit]
うっしー says...""
もりまんさん、こんばんは。

なんだか、ここ数年、鈍くさい小鳥と遭遇するようになり、
彼らの行く末がなんだか心配になります。
あっちこっちに「どんちゃん」が増殖しないことを祈るばかりです。
2010.09.15 21:25 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/414-c261179c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。