日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏に蝉の抜け殻を撮るのは、ありきたりですが、つい目が向いてしまいます。
子どもの頃は、蝉の本体ばかりに目がいっていたのに。

20-1,7-400-100731_1

20-1,7-400-100731

蝉の抜け殻が、木や葉だけでなく、コンクリートにもしがみつくようにしてとまっていました。
最期の一週間を過ごすための必死の営みが想像され、愛しさを感じました。

※2010年7月31日 島根県松江市 松江城にて撮影。 LUMIX G 20mm/F1.7 ASPH.使用。
関連記事
スポンサーサイト

-4 Comments

mintsalad says..."セミの抜け殻"
うっしーさん、こんばんわ。
確かに子供の頃は抜け殻なんかには見向きもしませんでした。
飛んで逃げたりしないですから、じっくり撮影できるのがいいですネ(笑)。
2010.08.23 00:35 | URL | #- [edit]
HW says...""
僕も近頃はセミの抜け殻が気になるように
なってきました。杭の上とかロープに
ぶら下がってとか、「何でこんなところに?」
というような場所で羽化した跡を見ると、
頑張ってるんだなあという気持ちに
なりますね。
2010.08.23 01:03 | URL | #- [edit]
うっしー says...""
mintsaladさん、おはようございます。

>飛んで逃げたりしないですから、じっくり撮影できるのがいいですネ(笑)。

確かに。なま蝉はうっかりすると、おしっこをかけらちゃいますし(笑)
2010.08.23 05:58 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]
うっしー says...""
HWさん、おはようございます。

本当に蝉の抜け殻は思いも寄らない場所で見つけることが多いですし、
たいていの場合誰も見ていない時間帯にひっそりと脱皮していますので、
余計にいとおしく感じてしまうこともしばしばです。
2010.08.23 06:02 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/373-d8abfd7c
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。