日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往時を思い浮かべながら。

前回の記事でアップした写真の建物がある通りをしばらく歩きます。
しばし、おつきあい下さいませ。

この時は二つの窓に組み込まれた木の装飾?に、幼い日に見た割烹の面影を重ねながら撮りました。

少しだけ調べてみると、この辺りは天然の良港だったため多くの船員たちが「風待ち潮待ち」をするためにここに立ち寄っり、港町として繁華街、旅館街、遊郭がこの細い路地に建てられた名残であるようです。

1.
20140921-R0010940.jpg

なるほど、それで、この小さな島の小さな港町に、これだけ立派な木造二階建て、三階建ての建物がたくさん残っていたわけです。

一枚物の御影石?が何枚も重ねられた上がり口や、足下を照らす照明が立派な玄関の構えですね。

2.
20140921-SDIM0498.jpg

ふと、目を転じると、木造建築には少し異質なレンガが目に飛び込んできました。今とは全く違う風情を見せていたであろう半世紀以上前に、ひとときタイムスリップした気分になりました。

3.
20140921-SDIM0505.jpg

※2014年9月21日 大崎上島木江町にて。 1のみGRD4使用。
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/1451-604d8da7
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。