日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

Hot Dawg / David Grisman ~まだ知らない世界が広がっている♪~

以前の記事でクラシック、ジャズに分類していない洋楽は、基本的に発売年順に並べている、
と書いたけど、以前は違っていました。

単純にアルファベット順(アーティスト内発売年順)に並べていたのは
探すのに楽だったから。ただし、何の面白みも無い。
洋楽だけで500枚を越えるので、確かに便利。

でも、昔みたいに彼女のためにカセット作るように(古っ!)頻繁にプレイリストを作ったり、
CDを取っ替え引っ替えすることもない(その彼女とは同居中だし、そもそも、そんな暇が無い)。

で、ある日、発売年順(同一年アルファベット順)に並べ替えてみました。
すると、どうしたことか、あのアルバムとこのアルバムが同じ年に発表されて…てなことがリアルに分かるのです。

実際、1979年の「しきり」に入っているアルバムをざっと列挙すると…

Christopher Cross / Christopher Cross
Phoenix / Dan Fogelberg
Hot Dawg / David Grisman
The Long Run / Eagles
You're Only Lonely / J.D.Souther
Mingus / Joni Mitchell
Restless Nights / Karla Bonoff
Partners In Crime / Rupert Holmes
Bop Till You Drop / Ry Cooder

あ。意外とお仲間同士のアルバムばっかり買ってたのね(汗)
もっとへそ曲げてるかと思ってたんだけど、そうでもなかったなぁ…。

初っぱなの“Christopher Cross”って「南から来た男」という不思議な邦題がつけられ、
彼の美しいハイトーン・ヴォイスはAORの風に乗って400万枚を超える大ヒットした上、
翌年グラミー賞はするし。
次の「フェニックス」だって300万枚越えだっていうし。
一つ飛ばしてイーグルスの「ロング・ラン」はビルボードもオリコンも1位を取ったらしい…

例によって、前置きが長過ぎ(汗)

そんな中で、三つめにあるデヴィッド・グリスマンさんの“Hot Dawg”は、
実はリアルタイムでは知らなくて、30代後半くらいになって知ったアルバムであります。
ぼくがクラシック並みに何の知識もないブルーグラス畑の方だったため、
そっち方面では超有名なこの盤を長いこと聴き逃したままの状態でした。



ではどうやって知ったのかというと、当時、ぼくの中で再びアコースティック・ギターに関心が高くなり、
関係書籍(ご存じの方はご存じな『アコースティック・ギター』)を読みあさるうち、
この名盤に行き当たったという案配。(でも、弾いてる曲は全然こっち方面じゃなかったのと、
ギター工房探訪的な記事ばかりで飽きてしまって、しばらくすると読まなくなりましたとさ)

音は限りなくポップで軽やか、どこまでも高速弾きで空を駆け抜けるような爽快感があり、
曲が変わるたびに光陰が美しく現れるかのように変幻していきます。
それまでブルーグラスって泥臭くて難しそうな顔をしたおじさんたちが…的なイメージを持っていたのですが、
そんなつまらない先入観は見事にぶっ壊されたのでありました。
これならテンポが速くても、うきうき気分で歩いて行けそう♪(笑)

Hot DawgHot Dawg
(1990/10/25)
David Grisman

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/1322-72d92d15
該当の記事は見つかりませんでした。