日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

Liquid Spirit / Gregory Porter~温もりのある声で、凝った心をほぐしたい~

初めて知ったのはNHK FMで年末放送された「ジャズ・サンシャイン」という特番で、
大ファンのピーター・バラカンさんが、昨年発表された男性ジャズ・ヴォーカルの中で
特筆すべきアルバムの1枚(言い方は違っていたと思うけど)として紹介されたのがこれ。

番組で取り上げられたタイトル・チューンを聴いた途端、
思わず「かっけぇ~…」とつぶやくや、速攻でポチった次第。

ところで。

このアルバムが恋しくなるのは、仕事でがちがちに心が凝ってしまったとき。
静かだけど、前に前に押し出してくるピアノの音にGregoryの温い声が心地よい1曲め。
すると、2曲めは、いきなりアカペラ。と、思うと、ハンド・クラッピングとバックの演奏が
ヴォーカルを追いかけ、絡み合い、一体となる。なんて粋な演奏なんだろう。



気がつけば、ぼくは右手で太ももを軽くたたきながら歩いている。
>いくら“Crap your hands !”って言われても、往来ではさすがにね(笑)
続く3曲めのジャジーなドラム&ホーン・セクションを聴いていれば、
やはり名門ブルーノートから発表されたジャズのアルバムなのだと思うが、
全体を通すとリズム&ブルースのアルバムなのかな?と思うときがあったり。

こういうアルバムに出会うと、ありきたりだが「ジャンル分けは無意味。
彼らは彼らの音楽を演奏しているのだ」ということに思いが至る。
そんな埒もないことを考えながら歩を進めていると、
アルバムは5曲め辺りにさしかかり心もほどよくほぐれている。

やがて通い慣れた酒屋の灯りが見えてきた。
人生の先輩に愚痴を聞いてもらった後は、
お薦めの日本酒を1本下げて、自宅へと向かうのが常なんである。

Liquid SpiritLiquid Spirit
(2013/08/29)
Gregory Porter

商品詳細を見る


※このアルバムが第56回グラミー賞のBest Jazz Vocal Albumを受賞したそうです。
 Gregoryさんおめでとう!ぱちぱちぱちぱち!
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/1321-84d58e98
該当の記事は見つかりませんでした。