日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

躓いてばかりの日々。

三連投の最後。

そろそろ自分で意識的に聴いた音楽について、だらだらと綴りたい。

ぼくの音楽史の中には、今からはとうてい考えられないような「出会い」がある。

1.物心がついて初めて行ったコンサートは五木ひろし(全日本歌謡選手権で10週勝ち抜いて間もない頃、
  隣町に来た。たまたまチケットを手に入れた父に連れられて行った)だった。



2.リコーダー、ハモニカ以外で我が家に初めてお目見えした楽器はオルガンだった。(六畳二間しか無い
  狭い家に、何を考えたのか姉がピアノをせがんだのだが、父が買ってきたのは電子オルガンだった。
  気がつけば無くなっていた)

3.またもや姉がフォークギターのつもりで父にリクエストし、今度は自分の目で確かめて…と意気込んだ
  彼女の手にあったのは、クラシック・ギターで教本は古賀メロディーの初級編だった(汗)(「姉ちゃん、
  この時はあんたも行ったんだから、ちゃんと練習しろよ!」とあえて言わなかったのは、当時、自分も
  ギターが弾きたくなっていたのは言うまでもない)



  この曲も、今となっては大好きな美しいギターの曲なんだけど、フォークブームまっただ中にギターが
  弾きたくなった中学生の小僧には、不幸な出会いとしか言いようがなく…。

4.クリスマスだし、せっかくステレオがあるのにレコードが何枚もないんだから、クリスマス・ソングの
  レコードを買ってきてね、の家族のリクエストに父が 出した回答は「バッキー白片のハワイアン・
  クリスマス」だった(滝汗)なんぼなんでも、変化球に過ぎる、というか、初心者には魔球の域にある
  シングル・レコードだったため、流れる音楽は暖かなのに、我が家を流れる空気は冷ややかだったのを
  今も忘れない。



  この出会いだって、そう。求めるものが、たまたま違ってたのが不幸だったのねん(汗)

で、最初に買ったシングル・レコードは、ソルティ・シュガーの「走れコータロー」だった。



というか、引っ込み思案な少年だったぼくは、中一の頃、一人でレコード店に入ることができなかったので、姉に頼み込んで、買ってきてもらったのだった。意気地なし。次が、な、な、なんとグレープの「精霊流し」だった。

これらの前後に、Simon&Garfunkelの“El Condor Pasa”があるのだが、このシングルにも思い出がある。洋楽に目覚めた姉が、Beatlesの“Let It Be”とどちらかを誕生日プレゼントに買ってやる、と言うので後者を頼んだら、店から戻った彼女は「こっちしか無かったから、こっちね」と言って手渡した のが、“El Condor Pasa”だったのだ。



嫌いじゃないけど、派手さが無くってBeatlesの方が良かった…と言いかけたぼくに、「んじゃ、自分で代えてもらいに行き!そんかわり、しばらく時間がかかるって言いよったからね」と逆ギレされ、前述したように一人でレコード屋へ入ることができないチキンなぼくは、あきらめたのだった。

当時はBeatlesリバイバルとやらで、ラジオでは毎週Beatlesばかりをかける番組まであるくらいだったが、生来のへそ曲がりな性格と、Beatlesと出会うチャンスを奪われた(な、大げさな…)ことによりかな~り長い間、Beatlesのアルバムを聴かなかった。

と、まぁ、出だしから躓いたわけだが、そのおかげで「これでもない」「あれでもない」といろいろな音楽の森を彷徨うことになり、結果、自分の周囲の人よりも、浅くではあるけれど、少しばかり広い面積を歩くことができた。これからも、少しずつ行動半径を広げながら、いろんな音楽を蒐集していくことになるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

めい says..."No Subject"
うっしーさん、こんにちは。

あちらのブログもやめられて、また、こちらのブログ名も元に戻されたんですね。なおさなくっちゃ。

私は初めて行ったコンサートが天地真理です。券があまってたから。自分の意思で行ったのはゴダイゴでしたが。
遠い遠い記憶です。
楽器もオルガンを買ってくれて、母が音楽好きだったんで、
初めて買ったレコードはKISSだったかなぁ。

うっしーさんのこの記事のおかげで、とお~い記憶をよびもどせて、懐かしい思いでいっぱいになりました。
2014.02.01 15:12 | URL | #Jh0YPuzg [edit]
うっしー says...">めいさん"
ども、すみません(汗)
とりあえず、こっちで全部やった方が面倒くさくないかなぁと思い出したのでした。

ぼくが自分の意志で初めて行ったのは何だったっけ?と思い出したのですが、
たぶん、風?じゃなかったかと思います。
ええ、かぐや姫でリード・ギターを弾いてた正やんが、
広島出身の久保やんと組んでた「22歳の別れ」でデビューのあのデュオです。
場所は上野学園ホール(当時は郵便貯金会館)でありました。

>うっしーさんのこの記事のおかげで、とお~い記憶をよびもどせて、懐かしい思いでいっぱいになりました。

たまには、こんな話題も良いでしょ?(笑)
2014.02.01 20:48 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/1316-216266fc
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。