日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜めぐり(27)すぐそこにある桜①夢想すること。

前からご紹介している通り、工兵橋~牛田大橋~神田橋のたもとにはそれぞれ素敵な桜が植えられており
毎年桜の見頃になると「~」の部分に続く緑地では、花見や散歩を楽しむ人たちでいっぱいになります。

もっとも今年は限りなく満開となったタイミングで急激に気温が低くなったため、
思っていたよりも長く桜を楽しめはしたものの、例年のような花見客の盛り上がりは感じませんでした。

この辺りの桜の樹齢を詳しくは知りませんが50~60年くらいだろうと聞いたことがあります。
だからなのかもしれませんが、急激な気温の変化が生じてしまったり、
烏たちに遠慮無く枝に乗っかられた姿を見てしまうとしんどいだろうなぁ、
黙って立ち続ける彼らはえらいなぁと、子どものようにヤキモキしながら桜を眺める日が続きます。

13_0403_UshitaBridge_G1200002.jpg

そんな桜の中に、路線バスに乗った人たちの視線を集める桜があります。

毎年この時期にこの樹を撮っていて、町中へと走って行くバスの車内を偶然見たことがありました。
たまたま平日に休みだった朝、少しだけ緊張した面持ちだったであろう人の顔が一瞬緩んだり、
指をさして隣の人に教えていたり。中には見事な咲きぶりに口をあんぐりあけて驚いていたり(笑)

その時以来、桜の魅力に惹きつけられる思いのようなものを、欠片でも良いから
写し取ることはできないだろうかと考えるようになりました。ええ、考えるようには、です(笑)

そして、毎年ここを訪れる度に自分なりに考えて撮っているつもりなのですが、
持ち帰った画像やネガを見てみても、自分満足に浸ることすらできない始末(汗)

13_0404_UshitaBridge_G1200005.jpg

構図やら何やらは棚上げ(笑)してめちゃくちゃストレートなやり方をしたのが↑↓の写真です。

13_0404_UshitaBridge_G1200004.jpg

もうちょっと違うやり方はないか?(笑)

とりあえず「桜を見て喜ぶ、驚く=顔の表情」から離れて、別の表現をイメージしてみようと思います。
あ、もちろん「~ようと思います」はアンダーライン引いといてくださいね(爆笑)
いろんな写真や絵画、映画を見たりしながら、のんびり楽しんで(考えて)いきたいです。

※2013年4月4日 広島市東区 牛田大橋にて。
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/1197-09b4317e
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。