日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹原うろうろ(6)松阪邸

Takehara_121014_Summarit50F15_26.jpg

さほど広くも長くもない通りを、隅から隅まで歩くと、すぐに煮詰まってしまったので(汗)
今回は初めてお金を使って(笑)史跡に入ることにしました。

庭から山側を見ると、すぐそこに西方寺の普明閣が見渡せる!
どんだけ贅沢なロケーションなん?と思って見ていたら、
それもそのはず、江戸~明治の豪商の屋敷なのでした。

Takehara_121014_Summarit50F15_19.jpg

中に入ると、ぼく好みのほの暗さ、微かな光が楽しめそう…(^^)

Takehara_121014_Summarit50F15_28.jpg

ズマリットを持ってきてて良かったぁ。

※2012年10月14日 Summarit50㎜F1.5使用。
関連記事
スポンサーサイト

-2 Comments

snap.com says..."No Subject"
竹原は保存地区はたぶん僕もほとんどの通りをあるいたと思うので、
なにか視点を変えて行かないと行き詰まりそうな気がしていました。
有料のところは入ったことないですが、新しい発見がありそうですね。
微かな光を楽しむ、いいですねー。僕も次はそれをテーマに撮り歩きたいです。
2012.11.04 08:54 | URL | #- [edit]
うっしー says...">snap.comさん"
ですよね~(笑)
実は、これより前に、薄暗がりを求めて(爆)
頼さんのおじさんちに向かったのですが、
入り口が閉まっており、すぐには入れそうにない様子でした。

仕方なく来た道を引き返していると目に留まったのが、このお宅でした。

料金を払って中に入ると、受付の女性が「必要十分な距離感」で、
受け答えをして下さったので、マイ・ペースで撮影ができました。
庭からのロケーションも含めて、お薦めのスポットの一つです(^^)
2012.11.05 07:38 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。