日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の思い出(3)

見たり聞いたり(笑)の最後は「フレデリック・バック展 木を植えた男」です。

おりしも広島国際アニメーションフェスティヴァルの会期中だった8月25日に行きました。
アニメに詳しい方がご覧になると噴飯ものの感想になってしまうことを承知で書きますが、悪しからず。

20120816_neighborhood_AutoHalfEF2_Gold100_13.jpg

アカデミー賞を受賞した2つの作品を全て観た訳ではないのですが、それでも展示会場を2時間以上
見て回れるくらい展示は充実していたし、楽しむことが出来ました。

アニメーション作品の展示で、特に印象に残っているのは、「大いなる河の流れ」という作品の一部
(セントローレンス川を泳ぐ魚の大群が鰯柱のように渦を巻き、光を浴びながら川面に向かっていく
シーン)を観ながら、同じようなシーンを映像や水族館で見たことを思い出していました。そして、
きっと実景では見ることが出来ない美しい世界を、その場に立ち止まって見ていました。

2.
20120816_neighborhood_AutoHalfEF2_Gold100_10.jpg

それからもう一つ。本当はこれが一番強く印象に残っていることかも知れない。
バックさんは自分が生きてきた年月に見た景色や生き物などを、時に克明に、時にファンタジックに
描き続けているのですが、彼が見続けた様々なものは、この80年余りの間でずいぶん変化したなぁ
ということでした。彼が生きた人生の長さが、ぼくの父や母が生きた年月の長さとほぼ重なるから、
そのように感じたのかも知れません。

いずれにせよ、ぼくは、彼が見せてくれた歳月の変化の「重さ」のようなものに感銘を受けました。

バックさんのように世界的に知られるような才能で、より良き世界を切り開く人がいます。
そして、月に二度しか帰ってこない息子と、一緒に畑仕事をして野菜や土と語り合うことを楽しみに
してくれる老夫婦がぼくのすぐ傍にいる。同じ時代を別の場所で生き抜いてきた二つ(三つ)の人生
に対して、敬意が払える自分でありたいと思います。

もちろん、すぐ傍の二人とは、これからも時に文句を言ったりしながら過ごすのでしょうが(笑)

※2012年8月17日 広島市のあちこちで。(写真と文章は関係ありません)ゴールド100使用。

関連記事
スポンサーサイト

-4 Comments

snap.com says..."No Subject"
蔦の絡まる壁からちょっとだけお尻をのぞかせた軽自動車。
電柱の陰からこっそりこちらを見ている小学生の看板。
まるで夏の暑さをよけているようにも見えます。
もうちょっとしたら涼しくなってくるかな。
2012.09.04 21:44 | URL | #- [edit]
smartboo says..."No Subject"
うっしーさん
こんばんは。
オートハーフですね。
いい色合いいですね。
僕はまだ修理もせず試写も出来ていません。
あ~もすぐ夏も終わりですね・・・。どうしましょ(笑
2012.09.04 23:41 | URL | #- [edit]
うっしー says...">snap.comさん"
おはようございます。
それぞれ「頭隠して尻隠さず」「壁に耳あり障子に目あり」を意識して撮りました(笑)が、
夏の陽射しや暑さが感じられる写真だったので、2枚いっぺんにアップすることにしました。

最近は涼しくなったので、扇風機だけで寝ようとしたら
夕べはとんでもない暑さのせいで、ひどい寝不足であります(汗)
秋と仲良くなるには、もう少し時間が必要なようです(^^;
2012.09.05 06:18 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]
うっしー says...">smartbooさん"
オートハーフ、いいでしょ(笑)
この色合いがオートハーフ特有なものなのか、
この個体の発色の傾向なのかは分かりませんが、
時々、この色が見たくなることがあり、持ち出します。

それに何より、普通に構えるだけで、
縦位置写真を撮ることが出来るも楽ちんで良いです(笑)
2012.09.05 06:21 | URL | #PQ3IL3Iw [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://ussi8888.blog72.fc2.com/tb.php/1030-3a6c9b74
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。