日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

【6月のおとも】

【6月のおとも】

6/ 1
 車で外出する際に、『ポートレイト~ベスト・オブ・ヨーヨー・マ』を取り出す。我が家にある、もう1枚のベスト盤とは違って、こちらはクラシック寄りの選曲。聞いていて、心地よいのはこちらかも。

6/ 2
 振休だったので、思い立って、尾道へ。スマホで聞いていたのは、古今亭志ん朝師の「初出し」から「妾馬」。それというのも、昼食をとった笑空さんで師匠の「船徳」が聞こえていたから、何となく聞きたくなったので、まだ耳を通していない演目を選んだ。でも、途中で眠っちゃったからなぁ、今度、改めて聞くことにしよう。

6/ 3
 連休明けだったので、サザエさんブルーな気分だったから、気持ちを和らげるためにキース・ジャレットの『ザ・メロディ・アット・ナイト・ウィズ・ユー』を聞きかけたけど「これじゃ、駄目だ」と思い直し、同じキースの『ソロ・コンサーツ』を聞きながら歩く。パート1の終盤でのメロディの盛り上がりは何度聞いても元気が湧いてくる。これを選んで良かった。

6/ 4
 先日届いたCDの中からキャノンボール・アダレイ&ビル・エヴァンスの『ノウ・ホワット・アイ・ミーン』を車に乗せてくるくる。目当て(耳当て?)の「ワルツ・フォー・デビー」は思っていた通り、聞き心地がよいアレンジだった。改めて、スマホに取り込んで聞こ♪

スポンサーサイト

【5月のおとも】

【今週のおとも5/ 1~5/31】

5/ 1
 行きは久々にキース・ジャレットの『ケルン・コンサート』♪帰りはホセ・ジェイムスの『ザ・ドリーマー』をチョイス。なぜかって?気分がそうだったから、としか思えない。

5/ 2
 行きは気持ちの良い天気だったから、友部正人の『奇跡の果実』の最初に収録された「朝は詩人」を聞きながら、気持ちよく歩こうとしたが、なぜか、いつもより足取りが重い。気持ちは軽やかなはずなんだが、はて。
 このところ暖かくなってきたのを感じていたのだが、今日は「暖かい」を通り越して「暑さ」を感じたので、「それならば」とナナ・ソノーラの『カント・ア・ラ・ティエラ~大地の讃歌』を聞きながら歩くことにした。帰宅した後、かみさんから「今日は夏日だったんだって!」と聞かされる。コーヒーが切れそうになっていたのを思い出し、スマイルさんで仕入れて帰ったので、久々に15000歩近く歩いていた。

5/3~4
 現在アップ中の記事に、楽しんだ音たちの記録を上げているので、省略。

第1841回「どれくらいの時間、音楽を聴きますか?」

こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の西内です今回のテーマは「どれくらいの時間、音楽を聴きますか?」です。通勤・通学中にふとイヤホンしてる人多いな〜と思っていたのですが、みなさんは1日のなかでどれくらいの時間、音楽を聴いていますか?私はというと、1日30分も聴いていたら多いほうでまったく聴かない日も結構あります・・・音楽に無頓着なのかドラマとかアニメとかのサントラも全然聴いてないことが多いん...
FC2 トラックバックテーマ:「どれくらいの時間、音楽を聴きますか?」



朝夕の通勤時間、歩きだと往復で約40分(本当は50分くらい歩くのだけど、行きは事情があって早めに外す)くらい聞くことが多く、家に帰ってからは週に1回くらい、CDを2~3時間回します。

ぼくにとって音楽(広い意味では落語なども含めて、耳から入る楽しみ)は、食べ物と同じで、毎日欠かせないものです。だから、と言う訳ではないのだけれど、今年の2月2日からプロフィールを利用して【今週のおとも(=「音」の「お伴」)】と題した音楽日記も並行して記録しています。

最近では、こっちだけしか記録しないこともしばしばですが(笑)あとで見直した時、自分の気持ちの変化を、季節を追ってたどることができそうなので、今から楽しみにしています♪

【4月のおとも】

4/ 1
 車で回したCDはリクオの“What's Love?”♪大好きな‘アイノウタ’から始まるこのアルバムを一昨日持ち出したのは、一斉に開花した桜を観ながら‘はかめき’が聞きたいというかみさんのリクエストに納得したからだった。でも、今日、耳に染みこんできたのは、何度も聞いてきたはずの‘ソウル’の一番の歌詞だった。その時その時で同じ曲やアルバムを聴いても、聞こえてくるフレーズの濃淡が変わるのが面白かった。

 ところでカープはどうなった?
 おお、勝ったか、よしっ!

4/ 2
 今日も車で家を出る。ガソリン代が跳ね上がったってのに、わずかな距離を車でご出勤たあ、優雅なこったという声が、どこからか聞こえてきそうだが、知らんふり。そんな優雅な私(笑)が、回したのは久々にペケこと、いとうたかおの“小さな唄に手を引かれ”♪なんと言っても白眉は1曲め‘あの日ぼくらは’の歌詞。ぼくが気に入っているのは「無分別な神の 無差別な愛が、今日も降りそそぐ」という部分。聞くたびに、とても含みを感じる。そして、口ずさんでは何度も聞きたくなる。今、歌詞が印刷されたリーフレットを見たら、サインとともに「笑みは花 涙は救い」と書いて下さっていた。本当にそうだよなぁ。

4/ 3
 お休みをとって、尾道まで桜めぐりに出かけた。往復の列車の中でスマホに取り込んだ曲か落語を聴こうと思ったが、かなりの音量でないとノイズで聞き取れず、ヴォリュームをかなり上げなくてはならないため、イヤフォンを耳から外した。

4/ 4
 雨の予報があったので、車で出勤。久々に有山じゅんじのソロ・デビュー盤“ありのままじゅんじ”を回す♪有山さんが聴いてきた音楽がほとばしるような、元気の良い演奏&ヴォーカルが、心地よい気分にしてくれる。結局、帰りには雨は降っていなかったけど、駐車場で車から降りると、ひどく寒かった。もしかしたら、今週末でもお花見ができるかも知れないな?

4/ 5
 長時間ドライヴに合わせて“Simon&Garfunkel Collected Works”(要するに、彼らのオリジナル盤5枚をCD3枚組に編集したもの)を選択。今日は、春の雨が降るので‘キャシーの歌’の一節が聞きたくなって、彼らの2作め“Sound of Silence”から聞き始める。その前に収録された‘木の葉は緑’や‘4月になれば彼女は’など春めいたタイトルの曲が収録される一方、タイトル・チューンや‘アイ・アム・ア・ロック’といった内省的な歌詞の曲もあり、改めて面白く聞くことができた。

4/ 6
 昨日、車に放り込んだ“Simon&Garfunkel Collected Works”からディスク2と3を聞く。2は“Parsley,Sage,Rosemary & Thyme”“Bookends”を、3は“Bridge Over Troubled Water”を収録。中学生だったか高校生の頃に、日曜日の朝になるといつも聞いていた“Bridge Over Troubled Water”を、午前中の車中で流すと、心の中の何かが、一気にあの頃へ引き戻される。それにしても色々な音楽のひきだしを持ち、この時点で既に高い到達点に達していたことを知らせるアルバムだったのだなぁと、今さらながら気づかされた。

4/ 7
 新しく編集?した「朝聞き」(日本編)をランダム再生。今日初めて再生するので、本当は友部正人‘朝は詩人’から聞きたかったのだが、実際には泉谷しげる‘乱・乱・乱’でスタート。なぜ、これを入れたのかも謎(笑)続いて、本命‘朝は詩人’が流れ、シュガーベイブの‘パレード’を聞き終えたところで、再生を終えた。帰りは歯医者で治療を終えた後、Bill Evansの“At Shelly's Manne Hole”のライヴを何となく流して帰った。ところで、虫の知らせという訳ではなかったのだろうが、大阪に住む音楽仲間(音楽へのこだわりも、生き方も尊敬できる先輩だけど、あえてここでは「仲間」と呼ばせていただく)から電話があり、祝春一番2014のチケットを押さえていただいた。いつもと変わらぬ、元気で素敵な声が聞けただけで、元気が湧いてきた。

 4月も5月も音楽を頼りに、頑張って働こっと♪

祝春一番2014に行ってきた 5月4日編(後)

7番め。 リー・テソンと港町コンボ登場。彼らの演奏の途中から入場。総勢8人のジャグバンド「ムーンリバー」はよく練れていた感じで心地よかった。「アフリカの月」は、正直、好きなアレンジではなかった。この後、良成さんが加わり「コーヒー・ブルース」演奏。

8番め。 金佑龍と横浜ぽいねん登場。緊張のあまりか、サウンドチェックの途中から演奏を始めようとするウリョンさんに風太さんが「緊張するな、たかが春一なんやから…」と声をかける。ええなぁ。一曲めの途中からきわわのgnkosaiさん、宮下さんがバッキングに入る。この人は去年初めて聞いて以来、声もギターも好きだから、演奏後、今CDを買いに行ったとき、偶然彼がいたので「あなたの曲を聴きに来た」と言って、来広の予定も尋ねたら9月辺りらしい。楽しみだ♪其れにしても、客に雰囲気を盛り上げるようなコーラスをさせといて、歌ったのは「贈る言葉」(笑)でも、アンコールは美しいギターとスケールの大きい曲だったので、無かったことにする(笑)

9番め。 「ちょっと休憩」と言われて、ナオユキ登場。ナオユキさんは「だんだん春一の雰囲気がつかめてきた」と言いながら、ビール片手に次々とスタンダップ・コメディを聞かせる。彼が出るや、場内は笑う準備に入って、どっかんどっかん笑いが起こっていた。

このカテゴリーに該当する記事はありません。