日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

徒歩旅行

昨日、出先の本屋で黄色の表紙が、ぼくに手招きをしていた。
よく見ると、どこかの町を黄色で描いた地図のようである。
さらに表紙の左下を見ると、
もう20年以上前に一度だけ訪れたことのある、鳥取市内の地図だった。

そのムック本を手に取ってみる。
紹介されている12の町は長野県の松本をはじめとして東日本の町が多く、
一番近くて鳥取なので、広島に住むぼくがおいそれと行ける町などない。
それでも、この本を開いてゆったりとしたスピード感の文章と、
それに添えられた美しい写真を見ているだけで、
その土地を歩いた気分になれる。

暮しの手帖別冊 徒歩旅行暮しの手帖別冊 徒歩旅行
(2011/09/01)
不明

商品詳細を見る


まだ読みかけですが、一番気に入っている写真は13ページの葦毛湿原の写真です。
これ以外にも素敵な写真も満載なので、撮影が趣味の方にも素敵な一冊になるかも知れません。

スポンサーサイト
このカテゴリーに該当する記事はありません。