日々を食む

更新はゆるゆるであります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹原にて

今年も「雛巡り」の時期だなぁ、と思い、竹原と鞆の浦が頭に浮かんだけど、福山まで行くのはちと辛いなぁと思ったので竹原行きを選択。例によって芸陽バスの「かぐや姫号」に乗って、ゆるゆると歩いて参りました。写真は現像をまだしてないのでも少し後でアップする予定ですが、今回はローライフレックス2.8Fに白黒フィルムを詰めて町並みを撮りたいなぁと思ったのと、お雛様はカラーで撮りたいので、暗い日本家屋での撮影を前提に考えて明るめのレンズとGXRで(高感度は弱いと知りつつも、それ以上に自分の肩と腰が弱いことを嫌というほど知っているので…)。

道中聴いていた音楽やら噺は【今週のお伴2/10~2/16】の本日のところをご覧下さい。なんだかんだ言っても、美しい「なにか」のヴァリエーションは耳から入ってくるものの方が情報量も多いのだなぁと思いました。音楽に関心の無い方や、あるジャンルに精通なさっている方から見れば、噴飯ものの組み合わせかも知れませんが、イッツ・マイ・サウンド・ライフなのであります。耳から入る美しい「なにか」をサウンドと呼んで良いのなら、志ん朝師匠だってあの色気のある声も、ぼくにとって垣根はありません。違いがあるとすれば、それぞれの「なにか」に秘められた「物語」や「表現したいこと」の表現方法かも知れません。

漠然とした物言いになりますが、年を取るに従って、自分が「美しいと感じる『なにか』」があるかどうかが、音源を入手するかどうかのポイントとなっており、また、その時その時の自分の精神状態によって、どんなものを「美しい」と感じるか(感応するか)が変化しているのが、自分で見ていても面白いです。もちろん「ブログのネタにしよう」なんて下心を持ってアルバムや曲を選択することはありません。少なくとも、今のところは(笑)その証拠ではありませんが、同じ曲やアルバムを手に取ってたりしていますし、そんな自分を改めて見つめ直すのは、どこか写真を撮った後、自分が何を撮りたかったのかを知るのと通底するところがあるようで、個人的に興味深いです。

いやいや、今日書きたかったのは、そういうことではなかったんだ。書きたかったのは、今日出会った人たちについてでした。

スポンサーサイト

昨日のこと。ハシケンさんのこと。

あ、写真と話題は全く関係ありません(汗)

一昨日まで、二泊三日の出張に出るので、ぐだぐだになって帰ることが予想されていたため、
端からいつもの整骨院へ予約を入れておいた。でも、その前に行くとこがあったので、
予め余裕を持って入れたのが大正解で、若干遅れはしたものの、ほどよく空いた院内へすぐに入れた。

久々に担当してくれた整体師のお兄さんがハシケンさんを好きなのは知っていたので、
この後、夜からライヴがあることを教えたら、別件が入っていたらしく、とても残念そうにしていた。

13_0511_KikkoPark_G1200002.jpg

実は、昨日はハシケン・ライヴの前に、落語会に行くことになっていて、
14時から始まることをすっかり失念して、つれあいと会場近くで落ち合ったのが13時過ぎ。
で、蕎麦屋に入って食べ終わったのが、13時50分くらい(滝汗)
徒歩で行けば間違いなく遅れるタイミングだったため、仕方なく、タクシーに乗車。

13_0511_KikkoPark_G1200003.jpg

って、ワンメーターの場所を指定された運転手さんの方が…だろうに、
ニコニコ笑いながら「(会場は)すぐ近くですけど、迷われたんですか?」と声をかけて下さった。
「場所は分かってるんですが、歩けば絶対に迷うと思ったので…」などとやりとりする内に、会場へ到着。

落語会が済んだ後、Otis!の近くにある、アステールプラザの情報交流ラウンジにて暇をつぶす。
広島市内で行われる催しもののチラシやら、いろんな雑誌があるので1~2時間くらいなら楽しめます。

びっくり!

本来は「日々雑感」(2013.05.24)として、さりげなく上げるつもりだったが、
やたら長くなったんで、後々の記録のためにも、記事としてアップする次第。

実はここ3週間くらい背中のある一点に傷みがあり、整骨院へ行っても治らず、それでもまあ、
身体の外側の傷みだし、内臓疾患ではなさそうなので、少しだけ安心してはいた。(ぼくに
とって、この歳で内臓疾患は、精神的にこたえる)

一昨日、別件で訪れた内科では、先生が必ず触診して下さるので、これ幸い、ついでにと、痛みの
ある箇所を押さえていただいた。

最初は一番下の肋骨がある辺りの、痛みを感じる腹部を押さえて「ここだとすると…肋間神経痛?
…ですかねぇ」とおっしゃった。しかし、もともと痛いのはそこと繋がる背中側である旨を伝え、
再びそちらを触わった後、下した診断は「ここが痛いんだとすると、折れてますね。もしかして
3週間くらい前に、大きなクシャミしてませんでしたか?」

聞いた瞬間「へっ?」と間抜けな声で絶句した(ように思う)が、気を取り直し、その後の説明を
うかがった。すると、

大きなクシャミをしても、肋骨という骨は、折れる時ゃ折れるんだそうで、そう言えば、数ヶ月前
同い年のエッセイスト岸本葉子さんが、エッセイの中で「人間ドックか何かでクシャミによる骨折
の跡が見つかった…」という話を読んで「な、あほな!」と笑う自分の間抜け面を思い出した。

実に情けないもんである。
そう言えば、あの頃、風邪だか花粉症だか分からぬクシャミを毎朝盛大に発していた。
人を笑わば、穴二つ(意味不明)である。

最後に「現在の治療の方向は『放置』しかありませんので…」とも言われたとき、内心、「痛みは
時に耐え難いこともあったが、少しずつ快方に向かっている。ただ、来月ちょっくら背中に負荷を
かけねばならない仕事が待っているので、念のため、整形外科でレントゲンだけでも撮っておこう」
と翌日、カミさんに予約を取ってもらって速効で整形外科へ。

結論としてはレントゲンにハッキリとした跡は見つからなかったが、以下の説明を受けた。

1.恐らく折れたのであろうが、折れた部分を喩えて言えばストローみたいな骨なので、ぽっきり
  と折れた訳ではなく、折れた後、ストローのように戻った状態になっている。しばらくは痛い
  と思う(平均して6週間すれば治るそうだ)けど、我慢して下さいね。

2.ここの骨は、お肉屋さんでよく見る「リブロース」状に筋肉がついて支えているから、そんな
  にしなくても良いし、現時点で、肺はきちんと膨らんでいるから問題はなさそうだけど、それ
  でも呼吸が苦しくなるようならば、骨が肺に刺さって空気が漏れている(=肺気胸)可能性も
  あるので、その時は呼吸器科を受診して下さいね。

ちなみに、診察を終えるとき、骨を支えるベルトと痛み止め(ロキソニン)+胃薬、湿布薬を出す
と言われたが、万年背痛持ちならばいざ知らず、6週間待てば何とかなると言われたので、丁重に
ベルトだけはお断りした。他の薬は、いろいろと転用が効くので、素直に購入することに。

それにしても、我が肉体に、こんなネタが潜んでいるとは思いもせなんだ(汗)

思い出したように…GW後半のわたくし

GW後半のぼくはと言えば、年に一度のお楽しみ、我が家の年中行事となった祝春一番を見に、
1泊2日で大阪へとでかけたのでした。出てきたバンドに対する感想は、以下の通りですが、
興味のない方は、すっ飛ばして下さって結構でございます(^^;

1.
120503haruichiG12_1.jpg

アチャコ一座…今年の初日はアチャコ一座で幕開け。いつものように、いつものアチャ孫さんたちが見られる幸せを噛みしめながら、いつもの場所にブルーシートを広げ、いつものお仲間と笑顔で再会を祝し、いつものように缶ビールをプシッ!う~ん、んまかった(^^)(写真1)

モーリー…ワン・アンド・オンリーな歌声。ざっくりと弾きこなすギブソンの音色に乗せて歌う「ひとやすみ」?を聞く。歌詞も結構ツボにはまりそうだ。久々に、フォークシンガーを発見。こんな呼び方をすると、当のご本人は嫌がるかもしれないけど。

スマイル・メイカーズ…毎年、いろいろな垂れ幕がステージの天井からぶらさがったりしているが、今年は彼らのバックに阿部さんの画をあしらい「祝カンレキ」と書かれた金屏風が舞台に出たり引っ込んだりしていた。阿部ちゃんは59歳で亡くなったそうだが(泣)

Mighty Wavers &Mi-1…明るくて、元気が良くて、聴いた後、すっきりしちゃうレゲエ。ボーカルの人はさらりとラップしているように見えるけど、きちんと言葉が届くのが凄い。はっきり言って、巧い!来年も是非声を聞かせて!

Happy Trio…トリオという割には、人数がやたらと多かったような(笑)演奏は抜群に巧いんだが、結局、バンドとしてどんな曲を演奏したいのかが、分かりにくかった気がした。聴くぼくの力不足でもあるとは思うが。

歌屋Bootee…2曲目のコード進行は、もしかして「梅田からナンバまで」に似てない?あやうく「散歩しましょう、御堂筋でも…」と口ずさむとこだったぞ(笑)

加川良…「アイ&アイ」に続いて、ブルーハーツの「青空」を歌い始めたので、場内はビックリ&イエーイ!歌った後に、「ブルーハーツ、大好き」と話す良さんが、また、チャーミング。続く「東京電力わからない…」で始まる曲のタイトルが不明。

lost in time…ピアノ(ギター)、ベース、ドラムス(カホン)のトリオ編成なのに、歌柄の大きさやに3人以上のパワーを感じる。また、心地よいコーラスと、甘く切ないボーカルの声が魅力。

ぐぶつ…風太さんのMCによれば、リードギターのお兄さんはアメリカはニュー・オリンズでブルース修行をしていたそうな。通りでブルースギターが巧いはずだ。

光玄…ストラトを抱えたアズミと登場。ジャキジャキとリズムを刻む光玄のギブソンに、アズミのストラトが時にぶっとくリズムをうねらせ、時に鋭く切り込んでいく。

小川美潮…pf、b、dに女声2人を加えた構成で登場。「はじめて」に女声が絡むだけで、いつも緑地で聴いていたのとは違う表情に変わる。2曲め、ラテンっぽいリズム+変拍子の嵐をpfがさらりとプレイ。毎年新しい仕掛けが楽しい。来年も楽しみだ。

NIMA…彼女が登場した頃から、雨がバラバラと音を立てて降り出す。ブルーシートを放置したまま、慌ててステージ脇の屋根がある部分に退却(汗)

石田長生…今年はトレス・アミーゴスで登場。気がつくと舞台の前(笑)で「ねえ神さま」を一緒に歌っていた。「アフリカの月」「ブラザーズ・アンド・シスターズ」としんみりした曲から一転「アイコ・アイコ」では会場、大爆発。生きてて良かったぁ。

AZUMI…ここで再び雨脚が激しくなる。NIMAさんの時より激しかったので、屋根部分には人が増えすぎたので、それを避けて場外でひと休み。阿部ちゃんの言葉をポツリポツリと挿入しながら語るように歌う曲にほろり。しんみり。

LOW-LOWS…女性4人のホーン、男声1+女声3のコーラスを加えたゴージャスなサウンドは健在。“ Hold On I'm Comin' ~Soul Man”を始めとしたクンチョーさんのギター・カッティング&ヴォーカル渋過ぎまつ。

大塚まさじ…「春のはじまり」「ワルツ」等をギター1本で弾き語り。その後石田長生登場。長生ちゃんと「天王寺想い出通り」をデュエット。さらりとしたまさじさんのアコギ(月ギター?)の音に、しっとりとした長生ちゃんのストラトのが絡み、夕暮れに染みこんだ。その後、この二人にLOW-LOWS、光玄、アズミが加わり「男らしいってわかるかい」アタック音が煌めくクンチョーさんの渋いピッキングに惚れ惚れ。なんと初日からまさかのアンコール「プカプカ」ではbが清水興に交替し、dに島田和夫が参加。

と、まぁ、これが3日に出演した全てのバンドに対する感想。まだ読めますか?なら、うれしいなぁ。

一週間ぶりのご無沙汰です…

2012_02_03_Kamoizumi0001.jpg

某所でこのお酒の話を読んでたら、急に飲みたくなった。
実は、これを買う数日前に、竹原へ行って竹鶴で買って帰ったばかりだったのだが(笑)

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。